氷見市土地改良区の愛称は『ネット氷見』です
ネットって何 氷見市土地改良区って何をしているの

私たち氷見市土地改良区(水土里ネット氷見)は、富山県の西北、能登半島の東側付け部分に位置します。『水土里ネット氷見』は、氷見市全域の農用地を受益地とし、農業用水利施設や【排水機場】の維持管理等を行うための農業者の団体です。
受益内の農業用水利施設には国指定天然記念物の【十二町潟オニバス発生地】や【イタセンパラ】が棲息しています。また、トンボの池として名高い『乱橋池』には65種のトンボが棲息が確認されるなど、自然豊かな所です。
農業用水利施設は食料の生産に必要なだけでなく、多くの【多面的機能】を有しております。21世紀に入りこれまで整備されてきましたこれらの施設をいかに管理して長寿命化を図るかが大きな課題です。今後、施設を管理する土地改良区(水土里ネット)の役割が大きくなってきます。

新 着 情 報 過去の新着情報
2017/10/2 条件付き一般競争入札の執行について(通知) 窪地区
2016/12/15 平成29・30年度の入札参加資格申請受付について

十二町潟を拓く,十二町潟排水機場のページには、排水機場の仕組みや昔の様子が掲載されています。是非ご覧ください。また、小学生を対象とした副読本も【ダウンロード】(6M)する事ができます
十二町潟排水機場の見学については、弊土地改良区までお問合せください

〒935-0024
富山県氷見市窪938番地
TEL:0766-91-0083 FAX:0766-91-0084
E-mail:h-dokai3@p1.cnh.ne.jp
※皆様の、ご意見・お問合せお待ちしております。
お問合せ 所在地

Copyright (C) 2005 Land Improvement District Himi-City (R) All Rights Reserved.