今は昔 2002〜2007年 その時々の清流コラムの断片を蒐集してあります

清流コラム ピックアップ短編集

Home へ戻ります
 
PANDA Affiliate
24時間いつでも世界中の囲碁ファンと対局できます



総合リンク集

FISHING/F検索EG
百万石の釣り情報
一般検索地方区
能登半島推奨サイト
四万十川小特集
会員の特選サイト

Column

OkuNoto

見附島特集
禁漁期に

 

能登半島地震に対して激励いただき有難うございます

発生日 2007/03/25 適宜更新

3月25日(日)朝9時 過ぎ遅い朝食をとろうとしていた時ドカンと身体を持ち上げる縦揺れが来て、直ぐに家が倒壊するのではないかと思われるほどの振幅の大きい横揺れが続いた。これが後で震度5強の揺れだと知った。 我家では棚が倒れタンスがズレ動きテレビが転げ落ちた。 タイル壁面にひび割れが出来たり尾根瓦がズレたりした。若干能登町(震度6弱)の会員はいるものの殆どの同僚会員は珠洲市(震度5強)在住であって大事には至らなかった模様と聴いている。
 M6.9の震源に近い輪島市門前町(市町村合併後)などではこれを凌ぐ震度6強もあり、 家屋倒壊、岩盤崩落、道路決壊、水道破断など次々発表になる被害の大きさ加減に驚かされている。

以前の大きな揺れとしては、1993年2月7日発生の能登半島沖地震でM6.6、ここで震度4。震源に最も近い輪島市では震度5が記録されており、これと較べても今回は能登半島で最大級であった。
 日常生活がママならぬところへ数百回もの有感余震が未だ続いていますが、被災者の皆さんに心よりお見舞い申し上げ、いち早く復興出来るよう隣人として頑張りたいと思います。

(追)その後「清流と遊ぶ」もいろいろな方面からお見舞いや激励をいただき有難く感謝しています。
関連する道路状況は、能登と金沢を結ぶ基幹道路=能登半島縦貫有料道路はゴールデンウィーク直前に全線開通しました。珠洲と輪島を結ぶ海岸道路は未だ一部迂回を余儀なくされています。最大の被害地門前町深見と鹿磯間の海岸道路は寸断されたまま復旧の目途がつかない状況です。

またこの近辺では数百名の被災者がこの連休中に仮設住宅に入居です。担当子は以前数年間居候したことがある門前町をオッカナビックリして来ましたが、全壊/半壊/傾斜の家屋が至る所にあり、見掛け上直立はしていても壁が剥がれ落ちたり屋根をビニールシートで被った多くの軒並みが痛々しく跳び込みます。大勢のボランティアの方も活動されていますし行政もサービスに余念がありません。しかし困難な居住を強いられている被災地の皆さんが元気を出すには、どうしても大鉈の支援体制が必要でしょう。

回数を控えて心もち遠慮申し上げていた磯釣りもそろそろ開放したいと思っています。


○ 更新日03/07/26

メディア「らくてぃぶ」が本会「=清流と遊ぶ」を紹介

北陸の情報誌「らくてぃぶ」2003年夏・秋号(Vol.13)が、本会を取材した紹介記事を写真入で掲載した。 金沢市に本社がある橋本確文堂が発行する「らくてぃぶ」は、北陸で活動するサークルを「楽しい仲間」シリーズとして連載している。 今回13号で私ども珠洲清流愛護会を『郷土の自然環境を守るため‥』のタイトルで紹介して頂きました。ありがとうございます。

 追記:その後「自然人」と名称を変えて活躍されています。
  ホームページは http://shizenjin.net

○ 更新日11/04/30

大谷川鯉のぼりフェスティバル

 ==今年の連休はどうしますか==

 

2011年の今年は数年振りに大谷川鯉のぼりフェステバル準備中の会場へ訪問しましたので、写真2枚を更新しました。元気に空中を泳ぐ鯉の引数はカウントした訳ではありませんが、500尾を下らないと思います。 この勢いでクロダイの爆釣もあるように願いを込めました。はい!

○ 更新日03/04/30
前回の大谷川鯉のぼりフェステバル

鯉のぼりの川渡しが4月25日から5月9日まで大谷川(放流河川参照)の河口(R249から一望できる)で行われており、 連休の4〜5日には同所にフェスティバルが開催される。鼓笛隊や雅楽の演奏、バーベキューや特産品のたべもん広場、民謡や郷土芸能、ポスター展示広場などで賑わう。
⇒問い合わせ 大谷公民館 tel o768-87-2222。また同所から奥能登塩街道が輪島方面に連なり自然塩の製造体験も楽しめるし、珠洲方面には広大なハーブの丘で大自然を満喫 できる。勿論本ホームページの本命である渓流釣りや黒鯛のノッコミ磯釣りで楽しむことだって出来る。また40分ほど車で走って、7月7日に開港が予定されている能登空港 が5月5日まで一般公開されるから無料見学するのもいい(時間9:00〜17:00)。
とにかく奥能登の大地を踏みしめて見るのに絶好の機会だ。

重油流出事故(Sea 2002/11/25発) 

大型タンカー スペイン沖沈没 重油流出

- 何故大事故が起きるのか:怒りに震える地元民 -

既に各社がいろいろ報道しているようにスペイン北西部沖でバハマ船籍の大型タンカー・プレスティージュが悪天候で沈没し、一部の重油が流出し大規模な海洋汚染が始 まっている。11月13日に船体に亀裂が生じて難破、漂流。11月19日にスペイン・ガリシア地方の沖合約250キロで船体破壊、3500mの海底に沈んだ。総量7万7000トン の重油の内これまでに約1万トンが流出したとみられる。

流出重油は17日からスペイン沿岸部100km以上に漂着し、地元の漁師らが真っ黒に染まった海岸の除去作業にあたっている。
 この事故ったタンカーは76年に日本で建造された現在では規格違反の1重構造のシロモノ。維持管理も十分でなく老朽化していたのではない かと見られている。これから更に大量の重油が流れ着き、被害は拡大し深刻な環境汚染が起こると同時に、地元沿岸の人々と魔の重油との闘いが続くことになる。環境専門家筋は、 海底のタンカー内の重油も結局は流出するため、魚類、サンゴ、その他海洋生物などを汚染するという見方だ。

1997年(平成9年)1月2日:ロシアタンカー「ナホトカ」日本海重油流出事故では6000余トンの重油(当時:海底残留分を除く)が各県の沿岸に漂着し 深刻な被害を出した。ボランティア等の人海戦術でその除去作業が行われたのは記憶に新しい。我々も寒風の中の石川県外浦海岸で悪臭が満ちる 黒いヘドロと数日間闘った。今回それを遥かに超える環境被害が憂慮されるのだ。タンカーが途方もなく大型化し、世界各地にタンカー重油流出事故が頻繁に繰り返され (注1)、その都度深刻な環境破壊、自然生態系へ悪影響を与えている。
(注1) 世界の主なタンカー重油流出事故
   海上技術安全局安全基準課安全評価室資料

これらの大事故が教訓として「生かされない」ところが全く不思議・不愉快であり、環境保護団体グリンピース・ジャパンは次のように言っている(注2)。
漂流した重油を除去するには莫大なコストがかかる。事故の責任を追及する上で、タンカーの船長だけに責任を押し付けるのではなく、タンカーを登録した行政、タンカーを運営、 チャーターしていた会社、そして、つきつめると石油業界に問題があるということを今ここで再認識しなければならない。
危険性は重油流出にとどまらない。この事故で、化石燃料の本質的な危険性が改めて思い知らされた。採油、輸送、使用時に引き起こされる環境汚染に加え、 化石燃料は温暖化という最悪の環境問題の原因となっている。
私達が今しなければならないのは、化石燃料の使用を段階的に減らし、環境を脅かすことのないクリーンな再生エネルギーで 需要をまかなう方向に向かうことである。」(引用抜粋)
(注2) グリーンピース緊急レポート
   GreenPeace Japan ホームページ

○ 更新日 02/7/16

「海の祭典」が七尾港・金沢港を中心に開催

2002.7.20〜28

達筆の「海親學鍛」という四文字書額が地元某海洋水産高校に立て懸けてあったのを覚えています。文字通り若人は海に親しみ学びそして鍛えられるのだという 教訓です。
 2002年海の祭典(マリンフェステバル)が金沢港、七尾港をメィーン会場に7月20日(海の日)から28日まで行われます。船舶の体験航海、重油流出パネル展、 マリンスポーツ教室や海洋環境教室、渚ロードウォーキング、ヨットレース、太鼓フェステバル、音楽隊ステージなど多彩なイベントが用意されています。
海はみんなの財産。大いに学び楽しみましょう。また能登半島の熱い夏は祭り真っ盛りになります。

見附島(軍艦島)海岸の清掃活動に参加しました

Volunteer   02/7/8 

 海岸清掃(ボランテァ活動)は今ではニュースにならない程全国各地に実施されています。それはいい傾向ですネ。学校の生徒・児童も奉仕活動の一環 としてよくやっています。今夏の海水浴場浜開きに備えて町内会の人たちと見附島海岸清掃に参加してきました。7日早朝5時日の出直後の空気が澄みきって磯の香が 殊更美味しく楽しい一時を過ごしました。
 ゴミを捨てる輩がいなくなれば海岸清掃は不要になる?

能登半島を代表する見附島海水浴場で日の出の清掃に汗を流すボランテァの人たち (7/7)

景勝の見附島へ訪れる ⇒GO!

○ 更新日 02/7/7

排出CO2量の開発途上国削減分を買い上げることによって温暖化防止義務を果たせるか

「日本、カザフスタン両政府は、京都議定書が先進国に温室効果ガス削減を義務付ける2008年から2012年の間に、日本が毎年約6万2000トンの二酸化炭素(CO2) の削減量(排出権)をカザフスタンから取得する契約に調印した。‥‥経産省は今後、民間企業などによる諸外国・地域との間での同様取引の活発化‥‥」(詳報読売ニュース7/7付)
 京都議定書を批准するまでの間すったもんだの事情があったけれども、まずは自分自身のところの排出CO2量を減らすことに全力傾注して欲しいものです。

○ 更新日 02/6/15

カジノ合法化‥ 市議会が可決

(番外編) 珠洲市にラスベガスを創ろうとするグループ(!)が提出したカジノ合法化を求める意見書の可決を求める請願と、これに基づく議会議案としての意見書を、 昨日14日の市議会は賛成多数で採択可決した。カジノ誘致の是非(善悪)はともかくとして、報じられるところによれば宮崎市、熱海市に次いで全国の自治体で3番目となる快挙 (それとも怪挙?)だそうだ。
 それで、近々市議会議員有志訪韓団が視察と称して韓国ソウルにある公営カジノ施設への海外旅行を実施することになっている。
 以前には確かUSAラスベガスに視察旅行があったような記憶がある。カジノ誘致が、賛成派がいうように地域を活性化させ観光産業の立地条件となり得るのか、 反対派が心配するように豊かな自然を売り物にするために障害になるのか。よ〜く吟味する必要があるが、それよりも当市には他の緊急な検討課題が山積するはずだ。

○更新日 02/5/13 (invironment)

5月の空を真紅に覆う「能登キリシマ」         

連休中の釣り行脚は残念ながら然したる成果が上がらなかったから、釣行記の更新は控えさせていただいた。担当子のデジカメには清流と磯の不満足な光景ばかり写っている。その中に画面いっぱいに真紅に咲き乱れる能登キリシマが目に飛び込んだ。そうだった。これは磯釣りの往路に正院町平床の名匠前惣四郎氏の処に立ち寄って撮らせていただいたものだ。あまりに美しいので1枚を紹介することに 致しました。
 奥能登の5月は、能登キリシマや嵯峨山キリシマ等の名称で親しまれ、葉・枝・樹のすべてを自らの真紅の花弁で覆い尽くす「キリシマ」の魅力に虜になる。折角ですから担当子がこの時期に決まって訪問するキリシマツツジの名所を紹介しておきます。
 三崎町寺家の猿見田作夫さんの裏山に樹齢2百年のノトキリシマを筆頭にして数百本。大谷町西谷の池上宝蔵さんの裏庭には樹齢3百年を越えるノトキリシマの三大株がある。
また愛好家たちによって各地で展示会や苗木即売なども行われる。

○ ラッキーナンバー5555プレゼント内容

>今回は自然に優しい水仙の球根5球をプレゼントします。担当子が育てたものです。5555カウントゲットの日(他日は不可)にBBSに連絡を入れてください。 送付方法(国内限定)など相談させていただきます。

○ 更新日 02/4/27  

奥能登全域で黒鯛釣大会を開幕

私たち珠洲市釣愛好者連絡協議会は地元釣具店と協力し、 本日4月27日から来月5月26日までの向う1ヵ月間にわたり黒鯛釣大会を主催する。釣磯域は奥能登海岸一帯で百余名の参加太公望が自慢の腕を競う。 黒鯛3枚トータル、数量、大物の各賞表彰式は6月2日に行う。

○ 更新日 02/4/25 

諫早湾ギロチン堰の一時開門=海水混入までに

早や5年の歳月経過

海に魅せられし磯釣り愛好家にとって、長崎県諫早湾干拓事業を巡る様々な動向は、対岸の火事でなく見逃すことが出来ない関心事である。
 農水省は24日、潮受け堤防の水門を開き海水を導入、開門調査を開始した。「ギロチン」と呼ばれ、内外の厳しい批判を浴びた1997年4月14日 の閉め切り以来5年間経って堤防内に始めて海水が入ったことを、翌日に全国紙、地方紙は皆一斉に報じた。以下は熊本日日新聞の記事(02/4/25付)の一部コピーである。
 「ノリ不作などの原因究明が目的だが、二カ月という短期調査の有効性を疑う声は多く、国営干拓事業の是非があらためて問われそうだ。
 潮が満ち、外側の潮位が堤防内より高くなった午後三時半、南北二カ所の水門が開き、淡水化した調整池内に初めて海水が流れ込んだ。 当初は約一時間の開門予定だったが、北部排水門は二十一分後、南部排水門は三十二分後に閉じられた。
 地元住民も調査に同意しており、大きなトラブルはなかった。
 計画では、初めの一週間は調査状況を目で確認できるよう、昼間のみ海水を導入。 その後、一日二回水位を変動させる。二、三週間程度海水を導入した後は、約一カ月ほど排水だけ行い、 六月中旬までに淡水に戻して調査を終了する。
 調査は堤防内外で水質や潮流の変化などを観測。類似干潟での浄化機能調査やコンピューター解析と合わせ、今後一年間で有明海の環境悪化の解明を目指す。
 開門調査は、昨シーズンのノリ不作に危機感を深めた福岡、佐賀、熊本の三県漁連が要求。長崎県側も事業の二〇〇六年度完成を条件に受け入れた。
 一方、専門家らでつくる農水省の調査検討委員会が提言した「半年程度」「数年」の開門調査は、短期調査の結果などを見て同省が判断するとしている。
 長崎県の金子原二郎知事は二十四日会見し、農地造成面積の半減を柱とする事業縮小案について、計画変更手続きを早急に進める考えを明らかにした。
  県ノリ被害対策本部の清塘英之本部長(県林務水産部長)は「県内のノリ生産者にとっては待ちに待った調査」と同省の決断を評価。ただ、 同省の調査検討委員会が提言した中・長期調査を実施するかは不透明なだけに「そこまでやらないと、干拓事業が漁場に与える影響は分からない。 調査が提言通り実施されることを期待している」と注文した。県漁連の植村尚義・専務理事は「今季はノリの出来が良かったが、 昨季の不作の原因が分からないことには生産者の不安は消えない。生産者が安心して操業できるよう、徹底的に調査して原因を究明してほしい」と話した。」
 長崎県の地元には長崎新聞、西日本新聞などがあるが、担当子は隣県の熊本日日新聞が一番機敏に報道していると思った。ここは熊本水俣病を始め、 川辺川ダム、諫早湾干拓(有明海異変)と連載を組んで問題提起を真摯にやってきているからだ。

○ 更新日 02/4/15

清流は山菜の宝庫 しかしトリカブトに要注意

山菜のシーズンです。昨日釣友3人で渓流釣りに出掛けたましたが奥能登の山麓や清流も山菜の宝庫です。
 さて昨日も山形県でトリカブトとみられる植物と山菜を間違えて食べた親子3人がしびれなどの食中毒症状を訴え、このうち20代の息子が同日死亡し、両親も病院に 入院していると報道があった(朝日4/15付)。 
 例のトリカブト殺人事件にも登場した毒草<ヤマトリカブト>の中毒事故は全国あちこちで毎年多発している。初期芽生えの頃は、見た目も柔らかく、人気のニリンソウや ゲンノショウコ、モミジガサと間違うことが多く、食べると手足のしびれを起こし死亡することもある毒草だから特に気をつけよう。
 山菜採りはルールを守って地元の方とトラブラナイようにして楽しみたいものです。
釣行記に昨日の釣果

○ 更新日 02/3/30

ブラックバスの密放流は本当だった

奥能登珠洲市小屋ダムが建設されて間もない頃から、ダム湖にブラックバスがいるという噂があった。虹鱒や鯉は放流されているが、バスは放流された事実はない。 これまで当会員が噂の真偽を確認しようと幾度もルアーフイッシングを試みたがバスのヒットはなかった。ところが今日ついに 「……」。
 バスの密放流があったのは本当だったのだ。 川釣行記に記事を載せています。

○ 更新日 02/3/28

紫外線で殺菌した海水で魚を洗い出荷するというのだが…

能登半島の付根にある富来町漁協では4月から出荷する全ての魚を、紫外線殺菌海水で洗浄出荷することにしたと地元紙が伝えた。財団法人魚価安定基金というのがあって この補助事業であり、食品衛生上から消費者意識を配慮した対応だそうだ。
 この話題を覗いて可笑しなことをするもんだというのが担当子の率直な印象である。これは決して自慢できるようなことでないぞと。消費者は新鮮で安全な魚を食したいのであって、 洗浄して魚の鮮度が上がるわけでもなく、長持ちさせて出荷するとなれば余計鮮度が下がる。これまで店頭に並び私たちが食べていた魚は衛生上何だったのかということにもなる。 また同町に隣接した志賀原発とこの話題はイメージが重なるのだ。皆さんの意見を伺いたい。

○ 更新日 02/3/26

深層水ビールを隣町で製造販売はじめる

天然ミネラルが豊富に含まれる深層水が話題になってから久しいが、奥能登内浦町ではこの深層水を利用して特産品を開発しようと力を入れている。 同町には金沢大学臨海実験所やのと海洋ふれあいセンターなどがあり産官学が協力して海洋資源を有効活用しょうとする姿勢がある。深層水研究にもいち早く取り組んでいるところで もある。ここの障害者授産施設「日本海倶楽部」がこのほど深層水ビールを製造し「奥能登伝説」500ml瓶800円で同所レストラン等で販売するそうだ。
 ここでは数年前から独自に「奥能登ビール」を製造しており、ピルスナー、ダークラガー、ヴァイツェン等の名称でその道に人気がある。
 是非機会を見て立ち寄りたいもの。自然の恵みを利用した環境に優しい特産品造りは大歓迎だ。日本海倶楽部のホームページは奥能登に遊ぶ→特産品でもリンクしている。

○ 更新日 02/3/14 

石川県公立高校の数学入試問題の解答をめぐり物議
(各紙県内版)

県教育委員会→出題ミスでない
 中学校側   →問題に不備あり
  早速見てみよう。 

次の@、Aの性能をもった印刷機で印刷するものとして、問に答えなさい。
 @:最初と最後の5分間は、設定した速度に関係なく毎分10枚の速度で印刷する。
 A:@以外の時間では、毎分10枚から50枚までの範囲で設定した一定の速度で印刷できる。
 問 1000枚を印刷するのに、もっとも速い場合で何分かかるか、求めなさい。

県教委

(1000枚をセットしておいて、)
 5分(最初の50枚)+18分(900枚)+5分(最後の50枚) で 28分
  → 唯一の正解 

中学校

1050枚(以上)セットしておくと、
 5分(最初の50枚)+19分(950枚) で 24分
(1001枚目から50枚を最後の5分とするが、答に時間カウントする必要はない)
  → これも正解に加えよ

さて、皆さんはどちら側に味方しますか?浪費世代の中卒生、工夫空想を好む中卒生だったら、始めから1050枚(以上)セットしておく方が速いと現実に 考えるかも知れませんね。
なぜこのHPに高校数学受験のことを載せたのかって?
→サーテネ(^_^)//

○ 更新日 02/3/9

能登の木ノ浦海中公園にスキューバダイビング

ここは1年前からスキューバの体験型観光が出来るように事業が進められてきたが、本年度は近くの国民宿舎きのうら荘にアクアラング空気充填装置を設置するとともに アクアラング用ボンベも貸し出しが可能になる(3/9地元紙)。
  ダイバーファンにとっても朗報ですね。 木ノ浦海岸については、釣磯ポイントのページを参照下さい。

○ 更新日 02/3/8

地球の内部に、海水の5倍の水 がある

地表の海水の5倍もの水が地下岩石等に含まれていると、東工大研究グループが発表したと、各紙が報じた(3/8)。地球のマントルに相当する25万気圧、 約1600度の条件を超高圧発生実験装置を使って再現し、鉱物がどの程度水を取り込むか調べたという。詳しくは報道内容を。
海釣りを志すからには海水のどんな小さいことにも関心がないとね。 ちなみに海水は地球全体の0.02%とか。

○ 更新日 02/1/26

漂着重油による油塗れの海鳥100羽

日本鳥類保護連盟県支部は先の漂着重油(回収は1.5トン)により、ウミネコ・オオセグロカモメ・ウミアイサ・ウミウなど約100羽について汚染状況を確認したと発表した。 また県保健環境センターの成分分析結果、流出重油は大型船舶が使っているC重油が投棄されたものとの判断を示した。
 環境に対する悪影響は必至であり、故意に廃棄したものかどうか等県の徹底解明を待ちたい。うやむやに終止符を付して欲しくないものだ。

○ 更新日 02/1/22

珠洲海岸に重油漂着・ドラム缶5本分回収

1月21日に、狼煙双見から寺家高波の海岸線5kmに粘性の高いボール状の重油が漂着し、地元民などがドラム缶5本分=約1トンを回収したと地元紙が伝えた。 また油塗れの海鳥が目撃されているという。
1997年に沈没したままになっているロシアタンカー・ナホトカ号から残留重油が流出したか、船舶からの不法投棄かなど県が調査するとのことである。 いずれにしても深刻な事態だ。徹底解明を望みたい。