三ツ子浜(渋田町)

能登半島磯釣り ポイントE-25


 
〇 突出した茶白色ぽい岬に見える町野町白崎から、里町南志見(なじみ)を経て名舟海岸に至る途中に大小の岩礁が点在している。 その中央に位置する三ツ子浜は地元の漁師さんによると一面の海底が洗濯板のようになっていて、クロダイ等にとっていい住処である。 小さな川も流れ込み絶好の釣り場ポイントになっている。
○ (フィッシング店案内) 町野川下降口の大川地内ルート249号線上に夫婦で経営する釣具店がある。名は「フィツシング釣政」。 能登半島外浦海岸では狼煙から輪島までの間で唯一総合釣具店である。 奥能登と遊ぶ のページに一覧あり。

○ 黒鯛 真鯛 スズキ タナゴ キス アジ ハチメ サヨリ  (対象魚)
 
三ツ子浜の概観。岩礁の様子から、いかにも洗濯岩らしき景観が沖の方まで続く感じである。 沈み根に気をつけよう。
名舟漁港の堤防を眺望する。
ここの漁師さんに鬼の洗濯板の話しを聞いたが、釣果で証明できたというものである。
白崎を眺望する三ツ子浜の全貌。砂地と岩地が混合し変化にとんだ海岸である。
ここにブツコミでクロダイの数量を稼いだ釣人が多い。
   
  
目次へ戻ります  本流へ戻ります