奥能登の名所旧跡

大谷川の滝 鯉のぼり
Home へ戻ります
  
大谷川の支流にかかる滝  

大谷川の上流は2本の支流に分かれる。左方へ上がる茗ケ谷川(みょうがだん)の「一の滝」である。落差推定約10m。推定とは、写真に少し見えているが本滝の上にドンドンと約1m×2段の小滝を乗っけている三段瀑であること。資料が曖昧なことによる。
付近は地滑り危険地帯になっており、回り中コンクリートの堰堤と護岸であり、このような見事な滝が残っているとは信じ難いほど。近寄って思わず見惚れる名滝である。
上流には更に埋没しそうな小さな「二の滝」がある。

名瀑:般若川曽坊の滝へ


皐月の空(川でない)を泳ぐ

 

恒例大谷川の鯉のぼりイベント。
Golden Weakに何百尾もの大小色とりどりの鯉が川でなく空を泳ぐ。
写真は2009年4月準備中のものに更新した。年々尾数が増えていそうだ。

大谷川鯉フェステバルへ