氷見の民宿 浜野荘

氷見の観光スポット

氷見の見どころのご紹介です。

写真:虻が島

虻が島

氷見灘浦海岸から約2km沖合いに浮かぶ富山湾最大の島。この付近は、寒流と暖流が交わる潮目にあたる海域で、島は、北方系と南方系の植物が共存する珍しい生態系を形成しています。(写真は浜野荘から北へ約3kmの地点での眺め)

写真:朝日が昇る立山連峰

朝日が昇る立山連峰

向こうに見えるのは、標高3,000m級の立山連峰です。「虻が島」のシルエット越しに見える朝日が昇る立山連峰は、絶景です。立山連峰のパノラマは、晴れて空気が澄んだ日に、氷見から能登半島にかけて富山湾越しに眺めることができます。(写真は浜野荘から北へ約3kmの地点での眺め)

写真:大境洞窟(国指定史跡)

大境洞窟(国指定史跡)

日本で初めて発見された洞窟住居跡で、海食による自然洞窟。落盤により縄文期から近世まで6層に分かれた地層からは、土器や石器がつぎつぎと出土して、「縄文時代」が「弥生時代」より古いことを実証しました。(浜野荘から徒歩約2分)

写真:小境海岸CCZ(海水浴場)

小境海岸CCZ(海水浴場)

CCZ(コースタル・コミュニケーション・ゾーン)計画で、マリンリゾート地として注目を浴びています。波が穏やかな海水浴場で、シーズンともなれば、家族連れから若いカップルで賑やかな新しいレジャースポットになっています。(浜野荘から徒歩約3分)

写真:市街地周遊バス

市街地周遊バス

JR氷見駅、商店街、ひみ番屋街、氷見市民病院をつなぐバスです。日祝はJR氷見駅、商店街、ひみ番屋街までの往復運行です。 運賃は全区間100円。氷見市出身の漫画家・藤子不二雄A先生の「怪物くん」のラッピングが目印です。 ※平日は氷見市民病院経由の逆回りがあります。逆回りは、ひみ番屋街到着に約30分かかりますので、乗車前に運転手に確認してください。 ※市街地周遊バスでは、浜野荘へは行けません。 (氷見市中心部)

写真:まんがロード

まんがロード

氷見市中心部を走る潮風通りの中でも、比美(ひみ)町商店街の一画は、「まんがロード」と呼ばれています。 氷見市出身の漫画家・藤子不二雄A先生が富山湾の魚を擬人化した「サカナ紳士録」や「忍者ハットリくん」「笑ゥせぇるすまん」などのモニュメント約20体が通りのあちこちに設置されています。また、通りに面した「潮風ギャラリー」では、「藤子不二雄Aアートコレクション」が常設展示されています。(氷見市中心部)

写真:忍者ハットリくんの「カラクリ時計」

忍者ハットリくんの「カラクリ時計」

比美町と本町の間を流れる湊川に架かる「虹の橋」には、カラクリ時計が仕掛けられています。 氷見市出身の漫画家・藤子不二雄A先生の「忍者ハットリくん」と仲間たちのキャラクターが、 朝9時から夜7時(夏季は夜9時)まで、1時間ごと(土日祝は30分ごと)にファンタジックショーをくり広げます。(氷見市中心部)

写真:ひみ番屋街

氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」

富山湾の海産物をはじめ、地元特産品やお土産品のお買物が楽しめます。 同じエリア内に、源泉掛け流しの天然温泉「総湯」があります。 また、番屋街から総湯に向かう途中に、立山連峰の絶景が眺められる足湯(無料)があります。 温泉に浸かっていく時間が無いという方や、ちょっと温泉気分を味わってみたい方におすすめです。 【足湯の利用時間 8:30~17:30】(氷見市中心部湾岸)

写真:氷見市漁業文化交流センター

氷見市漁業文化交流センター

氷見の漁業文化を体感できる展示施設です。 館内では迫力ある越中式定置網、伝統の船や漁具を展示しています。 ※定置網は氷見が発祥地です。(氷見市中心部湾岸)

【入館料無料】
開館時間:9:00~17:00
休館日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日及び年末年始

写真:氷見沖クルージング

氷見沖クルージング

雄大な立山連峰を眺めながら、阿尾城跡、唐島、定置網などを、ゆったり巡る遊覧船によるクルージングです。※氷見市漁業文化交流センター前から出航。春~晩秋まで運航。悪天候の場合は運休。(氷見市中心部湾岸)

写真:氷見沖定置網漁

氷見沖定置網漁

ブリを揚げる定置網漁の様子です。(氷見市沖合い)

定置網漁観光は団体貸切のみ
(時間4:30~6:30、料金40,000円)。
詳細お問い合わせ先:
氷見市観光協会
TEL:0766-74-5250

写真:氷見漁港

氷見漁港

氷見ブランド「寒ブリ」で有名な氷見漁港。春はイワシ、夏はマグロ、秋はカマス、冬はブリの漁獲で賑わいを見せます。(氷見市中心部湾岸)

朝競り(あさせり)の様子を見学できます。
詳細お問い合わせ先:
氷見漁業協同組合(営業時間5:30~15:00)
TEL:0766-74-0170

写真:ひみ獅子舞ミュージアム

ひみ獅子舞ミュージアム

氷見の代表的な伝統芸能である「獅子舞」に使う獅子頭や天狗面などの展示と、獅子舞シアターの上映があります。 また、各地区青年団や獅子舞保存会による獅子舞実演会を年間数回開催しています。(氷見市中心部山側)

写真:氷見あいやまガーデン

氷見あいやまガーデン

氷見北I.C.近くの丘にある西洋風庭園です。多種多様なバラを始め、四季おりおりの花々を楽しめます。(氷見市北部山間)

写真:氷見市海浜植物園

氷見市海浜植物園

日本一の規模を誇るマングローブの再現林や、海浜植物の植栽、世界の昆虫標本が楽しめます。(氷見市南部湾岸)